新刊

地域デザイン学会叢書  6

地域イノベーションのためのトポスデザイン

著者 一般社団法人地域デザイン学会
原田保 編著
山田 啓一 編著
石川 和男 編著
ジャンル 経営学
シリーズ・巻次 地域デザイン学会叢書  6
出版年月日 2018/08/30
ISBN 9784762028274
判型・ページ数 A5・250ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
トポスとは、単なる場所でなく、特別な意味のある場所として何らかの地域価値が発現する固有の場所のことである。
本書では、このトポスに対して地域デザインの視角からのアプローチを試み、トポスを起点とした地域デザイン論の活用と、事例等を紹介。
トポスを正のトポス(光のトポス)、負のトポス(影のトポス)から捉え、地域価値の発現には負のトポスが有効であることも提言する。
序章  地域デザインにおけるトポスに対する期待

第Ⅰ部 全体戦略編

第1 章  地域デザインの起点としてのトポス
はじめに~トポス起点へのコンテクスト転換
第1 節 ZTCA デザインモデルにおけるトポスと他要素との関係性
第2 節 地域ビジネスをめぐるトポスと地域の関係形態
おわりに~事例分析のための留意点

第2 章  地域に多様に見出される注目すべきトポス群
はじめに~クリエイティブビジネスに対する基本認識
第1 節 トポスの“光”と“影”とこれらの代表的な事例
第2 節 トポスの時間軸から捉えた分析
第3 節 本書に見られる3 つのコンテクスト転換
第4 節 世界に多く見られる注目すべきトポス
おわりに

第3 章  トポスの解釈と地域デザインへの活用
はじめに
第1 節 トポスの定義と地域デザインへの活用
第2 節 光のトポスと影のトポスの地域デザインへの活用
第3 節 個別事例編A……光のトポスの特徴
第4 節 個別事例編B……影のトポスの特徴
おわりに

第Ⅱ部 個別分野編=光のトポス~期待と開発を捉えて

第4 章 「テーマパークトポス」と「カジノトポス」
はじめに~問題の所在
第1 節 トポスとしての「テーマパーク」
第2 節 トポスとしてのカジノ
おわりに~地域デザインの総括

第5章 「 超高層マンショントポス」と「リゾートトポス」
はじめに~問題の所在
第1 節 トポスとしての「超高層マンション」
第2 節 トポスとしての「リゾート」
おわりに~地域デザインからの総括

第6章「 サービスエリアトポス」と「道の駅トポス」
はじめに~問題の所在
第1 節 トポスとしての「サービスエリア」
第2 節 トポスとしての「道の駅」
おわりに~地域デザインの総括

第7 章 「 日本遺産トポス」&「国立公園トポス」
はじめに~問題の所在
第1 節 トポスとしての「日本遺産」
第2 節 トポスとしての「国立公園」
おわりに~地域デザインの総括

第Ⅲ部 個別分野編=影のトポス~反省と復興を捉えたデザイン

第8 章 「 原発トポス」と「公害トポス」
はじめに~問題の所在
第1 節 トポスとしての「原発」
第2 節 トポスとしての「公害施設」
地域デザインの総括

第9 章 「 収容所トポス」&「被爆地トポス」
はじめに~問題の所在
第1 節 トポスとしての「収容所」
第2節 トポスとしての「被爆地」
おわりに~地域デザインの総括

第10 章 「空家トポス」と「廃校トポス」
はじめに~問題の所在
第1 節 トポスとしての「空家」
第2 節 トポスとしての「廃校」
おわりに~地域デザインからの総括

第11 章 「工場跡トポス」と「大型店跡トポス」
はじめに~問題の所在
第1 節 トポスとしての「工場跡」
第2 節 トポスとしての「大型店舗跡」
おわりに~地域デザインの総括

終章  トポスデザインにみるコンテクスト転換への期待
はじめに~価値発現装置としてのコンテクスト
おわりに

SHOPPING ご注文

2,900円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • YONDEMILL

  • 教科書見本

  • KNOWLEDGEWORKER

  • キノッピー

  • 目録画像