新刊
近刊

データサイエンス/AI/IoT時代におけるプロダクト・イノベーションの普及構造

著者 難波 和秀
ジャンル 経営学
出版年月日 2018/08/15
ISBN 9784762028250
判型・ページ数 A5・104ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 未刊・予約受付中
製造業における高品質なものづくりに加えて,従来にない新商品・サービスによる価値創造,イノベーションは今まで以上に重要となっている。
今までにない価値創造のためのプロダクト・イノベーションを実現するためには,①プロダクト・イノベーションの推進人材,②プロダクト・イノベーションそのものの開発,③開発されたプロダクト・イノベーションの普及などが必要となる。

 このような背景により,プロダクト・イノベーションの普及の構造を明らかにし,プロダクト・イノベーションの不確実性を低減させることが求められている。
 本書では先行研究で考慮されていない消費者行動の不均一性に着目し,“消費者行動の不均一性を考慮すると複雑な普及現象を再現できるのではないか”という仮説を設定した。
本書の目的は,仮説検証による複雑な普及現象の再現を通じて,プロダクト・イノベーションの普及構造を明らかにすることである。この目的を実現するため,普及を構成する要素のモデル化,それらのモデルを用いたシミュレーシ
ョン,モデルとシミュレーション妥当性検証をサブ目的として設定し、展開していく。
第1部 消費者行動の意義と目的

第1章 研究アプローチ
第1 節 研究の背景 
第2 節 プロダクト・イノベーション創出全体構造 
第3 節 研究アプローチ 

第2章 先行研究と本書の目的
第1 節 バスの普及モデル 
第2 節 普及過程の情報ネットワークの不均一性 
第3 節 先行研究の限界に対する本書 
第4 節 仮説と目的 

第2部 プロダクト・イノベーションの普及構造

第3章 仮説検証(アンケート調査)
第1 節 アンケート概要 
第2 節 アンケート結果(予備調査) 
第3 節 アンケート結果(本調査) 
第4 節 仮説検証結果 

第4章 普及のモデル化
第1 節 Investigation モデル 
第2 節 消費者行動モデル 
第3 節 エージェント相互作用モデル 

第5章 シミュレーション
第1 節 シミュレーション環境 
第2 節 シミュレーション条件 
第3 節 シミュレーション結果一覧 
第4 節 シミュレーション結果(標準設定)
第5 節 シミュレーション結果(先行研究再現設定) 
第6 節 シミュレーション結果(キャズム再現設定) 
第7 節 プロダクト・イノベーションの普及構造 

第3部 社会への貢献とまとめ

第6章 シミュレーション結果の傾向一致検証
第1 節 検証対象 
第2 節 普及シミュレーション結果 
第3 節 普及シミュレーション結果の傾向一致検証 

第7章 ソリューション提案
第1 節 社会への貢献 
第2 節 ソリューション例 

第8章 サプライチェーンマネジメントの需要予測への応用例
第1 節 サプライチェーンマネジメントにおける需要予測 
第2 節 マーケティングサイエンスを応用した需要予測

第9章 まとめ

SHOPPING ご注文

2,500円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • YONDEMILL

  • 教科書見本

  • 目録画像

  • KNOWLEDGEWORKER