新刊

マス・コミュニケーション研究 93

特集 メディア研究・ジャーナリズム研究における質的研究法の現在

著者 日本マス・コミュニケーション学会
ジャンル 社会学
学会誌
学会誌 > 日本マス・コミュニケーション学会
出版年月日 2018/07/31
ISBN 9784762028243
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
特集 メディア研究・ジャーナリズム研究における質的研究法の現在
5本の特集論文、3本の論文のほか、2017年度秋季研究発表会・ワークショップ報告、研究会の記録を掲載。

■ 特集  メディア研究・ジャーナリズム研究における質的研究法の現在
  特集によせて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・野上  元
  グローバリゼーションをいかに記述するのか
   ――ニュース制作とオーディエンスのエスノグラ
     フィーを中心に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤田 結子
  メディア史研究におけるマルチ・アーカイヴァルな
   研究手法の可能性
   ――資料調査における自らの反省と教訓をふまえて
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小林 聡明
  「ネット世論」研究から見る「ハイブリッド・エスノ
   グラフィー」の必要性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村 忠正
  メディア史とメディアの歴史社会学・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加島  卓


■ 論文
  BPO と放送の自由®
   ――放送人権委員会の決定に見る課題・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤 潤司
  ローカル局は原子力問題をいかに伝えたか®
   ――報道ドキュメンタリー番組「NNN ドキュメン
     ト」を事例に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・瀬尾 華子
  「地震後派」知識人の震災論®・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・水出 幸輝


■ 2017年度秋季研究発表会 ワークショップ報告
  1 VR,360度カメラ,ドローンなどニュース
     の新テクノロジーをめぐる課題・・・・・・・・・・・・記録 奥村 信幸

  2 安倍政権下で強まる中央省庁の取材規制
     ――メディアは反撃できるか・・・・・・・・・・・・・・・記録 藤森  研

  3 スマホ時代のテレビ視聴
     ――テレビ視聴の多様化とテレビの役割・・記録 佐藤 友紀

  4 ネットワーク社会の地層史・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記録 伊藤 昌亮

  5 ゲームのユーザー/プレイヤーの実践を
     どう捉えるか?
     ――メディア・オーディエンス論との
       接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記録 松井 広志

  6 戦後東アジアの新聞学/マス・コミュニケ
     ーション研究の歴史的展開
     ――冷戦とアメリカの視点から・・・・・・・・・・・・記録 井川 充雄

  7 10年で1000万部を失った新聞は何を失い,
     何を得たか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記録 音  好宏

  8 テレビ局のインターネット配信の意義と
     価値
     ――コミュニケーション特性からの考察・・・記録 伊藤 高史

  9 対権力取材 本当の問題点は何か
     ――報道現場の最前線からの考察・・・・・・・・・記録 高田 昌幸


■ 研究会の記録(2017年12月~2018年4月)
  大阪から総選挙を考える
  中国の網絡社会とメディア研究
  ネット時代の被害者報道
  教科書問題とジャーナリズムのあり方
  〈西から〉広告の歴史を考える
   ――萬年社(大阪)を中心に
  J リーグの新メディア戦略から見えるもの
   ――軸足を“通信”に移すプロスポーツリーグ

■『 マス・コミュニケーション研究』投稿規程
■『 マス・コミュニケーション研究』執筆要領
■ 英文抄録

SHOPPING ご注文

3,000円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • YONDEMILL

  • 教科書見本

  • 目録画像

  • KNOWLEDGEWORKER