新刊

リベラル世界経済論

著者 尾崎正延
ジャンル 経済学
出版年月日 2018/03/10
ISBN 9784762027833
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
世界経済を金本位制度から言及して論じ、市民の目から、リベラルな立場から俯瞰する。
第二次大戦後のいくつかの危機であるニクソンショック、オイルショック、累積債務問題、産業空洞化等の出来事の裏面を炙り出し、本質に迫っていく。
第1章 国際金融の歴史
1 国際金本位制度
2 金解禁政策の背景
3 金流出とその原因
4 金解禁政策についての評価

第2章 ブレトン・ウッズ体制(lMF・GATT体制)
1 金・ドル本位制
2 ニクソンショック(金・ドル兌換停止声明)

第3章 ドル・石油・リンク制とアメリカの経済政策
1 オイルショック―アメリカとOPECの秘密合意―
2 財務省証券本位制度
3 アメリカの経済政策
4 プラザ合意・ルーブル合意

第4章 累積債務問題
1 比較生産費説と累積債務問題
2 IMFの失策と累積債務問題ースーザン・ジョージの見解一/43
3 累積債務問題の発生原因
4 資本の側の論理
5 「ブラッドレー提案」―債務免除の一形態―
6 「宮沢構想」から「ブレイディ提案」へ
7 HIPCイニシアティブ

第5章 ODAの実態―世界銀行の構造調整アプローチ―
1 世銀の持続的成長政策
2 貿易自由化と産業育成のバランス
3 政策金融と優遇金利の意義
4 民営化の留意点
5 日本のODAのあり方
6 「世銀の構造調整アプローチ」について

第6章 産業空洞化
1 産業空洞化の経緯
2 産業空洞化の防止策

第7章 EUとユーロ
1 EUの成立
2 ユーロ誕生
3 ユーロ導入の成果

第8章 拡大EU
1 第l次EU拡大
2 拡大EUの留意点
3 日本企業のEU進出ーマジャールスズキの事例
4 EU加盟後の東欧における邦人企業への影響について

第9章 セルビアの政治・経済情勢とEUへの加盟
1 セルビアの政治・経済情勢とハイパーインフレーシヨン
2 セルビアの内政・外交
3 セルビアの政治・経済情勢

第10章 イギリスのEU離脱
1 EU離脱の背景
2 EU離脱と「清算金」

補論 ある自由貿易主義理論の若干の問題点について
1 絶対生産費説(Theoryof Absolute Cost)
2 比較生産費説(Theoryof Comparative Cost)
3 自由貿易理論の理論的支柱
4 「比較優位の理論Jと累積債務問題の関係

SHOPPING ご注文

2,800円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • YONDEMILL

  • 教科書見本

  • KNOWLEDGEWORKER

  • キノッピー

  • 目録画像