• テキスト現代日本経済史
    経済現象にはそれぞれの歴史が存在する。私たちが日々直面する経済現象を歴史という視点から、日本社会のグローバルな関係性に注意を向けて、解きほぐしていく、初学者向けの現代日本経済史のテキスト。

    日本がグローバル化の波にさらされる19世紀末~20世紀初頭からの経済状況と産業構造、統制経済の試みとその挫折、戦時期の日本経済、戦後復興と冷戦体制、高度経済成長、グローバル化の進展と日米経済摩擦、バブル崩壊、またバブル崩壊~21世紀初頭の「失われた10年」の様相、21世紀に入ってからアベノミクス発動までの日本経済の動き…等、日本の近現代史を振り返り、現代にいたるまでの日本経済の流れを辿っていく。
  • グローバル経営論
    日本及び日本企業の競争力低下はなぜ生じたのだろうか。
    また、日本に急速に追いつき追い越すような、アジア企業の「リープフロッグ(蛙飛び)」的な発展はなぜ可能となったのだろうか。

    日本企業の競争力低下の象徴ともいえる電機産業を取り上げ、日本の電機メーカーが国際競争に敗れたのかをアップルとの対比で分析した。
    また、ICT産業のハード分野の発展によって「シリコン・アイランド」と呼ばれた台湾、「リープフロッグ」的な発展を遂げた国であるインド、発展の可能性があるバングラデシュ、またタイ、中国などの国の発展についても各章について取り上げ、分析、考察を行った。
  • 福祉国家と地方財政 改訂版
    福祉国家システムをになう地方財政とは。
    日本国憲法に規定される福祉国家の現場をになう地方公共団体や、地域間格差を均す財政調整メカニズムを身近な実例を使ってわかりやすく検討。
    警察・消防や公共事業という基礎的な公共サービスだけでなく、子どもの養育や教育、病気や貧困の分野で、人間性を大事にしながら、家族やコミュニティの力を再生できる条件を強化する役割をより一層強く求められる現代の状況を鑑み、児童福祉と医療保障の分野を強化し、内容を新たにした改訂版。 日本の福祉国家システムを考えるのに欠かせない1冊。
  • グローバル・ランキングと高等教育の再構築
    グローバル・ランキングの影響を豊富な国際的研究とデータに基づいて分析。
    オーストラリア、ドイツ、日本を例にとり具体的な調査を行った。ランキングの社会へのインパクトと影響についても議論し、その意図せざる結果についても考察する。
    大学からの視点だけではなく、学生(その親)の選択や採用面、政策面などを含めて包括的に分析している他に類を見ない専門書。
    大学幹部、高等教育リーダー、政策担当者、研究機関、メディアなどによって世界で広く使用されている第2版、待望の邦訳。
  • 子どもがやる気になる!!スポーツ指導
    少年野球・サッカー等の少年スポーツや運動部活動、体育授業等、子どものスポーツにかかわる指導者や保護者の方へ。教育学の視点、心理学の視点、スポーツバイオメカニクスの視点……、さまざまな観点から子どもの「やる気」の引き出し方を提案。いかに子ども自身が楽しんで、やる気をもってスポーツに取り組めるか、その方法とヒントがぎっしり詰まった一冊。

新刊本のご案内

  • YONDEMILL

  • 教科書見本

  • KNOWLEDGEWORKER

  • キノッピー

  • 目録画像