新刊

オトナ親子の同居・近居・援助

夫婦の個人化と性別分業の間

著者 大和礼子
ジャンル 社会学
出版年月日 2017/09/25
ISBN 9784762027376
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
今どきの世代間関係とは?
きょうだい数が減少し、男女平等意識が浸透する現代社会。
 親・義親との付き合い方も着実に変化を遂げている。「夫婦一体」型から、夫・妻それぞれが個人として、
親・義親との関係を模索する時代へ――

いま、「オトナ親子」は、どのような関係を結んでいるのか?
新しい世代間関係のあり様を社会学理論と調査分析から探る!
序 章 今どきの世代関係の複雑さをとらえる

第1章 親と成人子をとりまく社会環境の変化

第1節 経済と家族のあり方の変化  
経済成長からみる三つの時期  働き方の変化  家族形態の変化

第2節 人口学的変化─親子関係の長期化と緊密化  
長寿化  晩婚化・未婚化  少子化

第3節 親?成人子関係についての法・制度の変遷  
明治期~第二次世界大戦終了まで─父系の直系家族  戦後復興期─核家族  1960
~2000年代初めにおける経済的扶養の制度  1960~2000年代初めにおける介護
の制度  2000年代後半~─親?成人子関係を再強化する政策

第4節 ジェンダー関係についての法・制度の変遷  
明治期~第二次世界大戦終了まで─男女不平等  戦後復興期─形式的男女平等  高度
成長期─男性稼ぎ主型の実質化  低成長期─男性稼ぎ主型の部分修正と強化  ゼロ成
長期─男性稼ぎ主型の揺らぎ


第2章 世代関係についての新しい視点―「夫婦の個人化」

第1節 親?成人子関係についてのさまざまな理論  

第2節 これまでの研究でわかったこと  
北西ヨーロッパやアメリカにおける研究  日本での研究

第3節 「夫婦は一体」から「夫婦の個人化」へ  
「夫婦は一体」という暗黙の想定  「夫婦の個人化」論  「女性の親族関係維持役割」論

第4節  「夫婦の個人化」「性別分業の変化」は世代関係をどう変えたか 
 世代関係における「夫婦の個人化」  成人子世代における性別分業の変化  同居と近居の比



第3章 夫方同居・近居と妻方同居・近居

第1節 同居か近居か? 夫方か妻方か? 
 
第2節 これまでの研究からみた夫方親/妻方親との同居・近居  
夫方同居が多い日本  近居や遠居の状況  同居の規定要因  夫方同居と妻方同居の規定
要因の比較  同居と近居の規定要因の比較

第3節 分析で明らかにしたいこと  

第4節 データと分析方法  
データ・分析対象・分析法  変数と分析対象者の基本属性

第5節 規範志向の夫方同居、ニーズ志向の妻方同居  
規範要因とニーズ・資源要因の効果  同居と近居の規定要因  妻の高収入の効果  成人
子の性別と親・義親との居住関係

第6節 夫方同居慣行の変容と同居推進政策の意味  


第4章 父との同居と母との同居

第1節 なぜ父との同居と母との同居を比較するのか  

第2節 これまでの研究からみた父との同居と母との同居  
欧米での研究  日本での研究

第3節 分析で明らかにしたいこと  
分析の視点  問い

第4節 データと分析方法  

第5節 「規範」志向の父との同居、「母のニーズ」志向の母との同居  
父・母それぞれとの同居率  父との同居と母との同居─主効果のみの分析  父母そろっ
ての同居と単身の親との同居─交互作用効果についての分析

第6節  親が権威を保ちやすい同居と保ちにくい同居─インタビュー調査より  
同居のあり方と親の権威  娘との同居に抵抗感がある母  政策への示唆

第5章 成人子から親への援助―「夫婦の個人化」に注目して

第1節 親・義親への援助は男女でどう異なるか  
「夫婦は一体」という想定の再検討  分析で明らかにしたいこと  先行研究にみる親への援
助に影響する要因

第2節 データと分析方法  

第3節 「夫婦の個人化」と「女性の親族関係維持役割」の並存  
クロス集計でみる夫方/妻方バランスの男女差  男性は個人化、女性は個人化と親族関係維
持役割  妻と夫それぞれの収入の影響  他の変数の効果

第4節 親・義親への援助をとらえる新しい枠組み  
「夫婦の個人化」という視点  息子介護にみる「夫婦の個人化」


第6章 親から成人子への援助―援助の受け手としての女性

第1節 親からの援助の受け取りは男女でどう異なるか  
親がイニシアティブをとる援助  分析で明らかにしたいこと  先行研究にみる親への援助
に影響する要因

第2節 データと分析方法  

第3節 親からの援助の受け手としての女性  
「夫婦の個人化」は見られない─クロス集計の結果から  女性の親族関係維持役割─性別
の効果から  妻は稼ぎ手として重視されない─収入の効果から  他の変数の効果

第4節 援助をめぐる親世代と子世代のずれ  


終 章 多次元的な世代関係を紡ぐ

第1節 分析結果のまとめ  
問いの確認  成人子世代における「夫婦の個人化」  親世代における「夫婦一体」でない同
居  子世代の妻・夫それぞれの収入の影響  同居と近居の規定要因

第2節 これからの世代関係と求められる支援  
世代関係の多次元性を認識すること  求められる支援

第3節 今後の調査・分析のための方法論的な示唆  

SHOPPING ご注文

1,900円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

  • YONDEMILL

  • KNOWLEDGEWORKER