新刊

早稲田教育ブックレット  17

英語で教科内容や専門を学ぶ

内容重視指導(CBI)、内容言語統合学習(CLIL)と英語による専門科目の指導(EMI)の視点から

著者 早稲田大学教育総合研究所
ジャンル 教育学
シリーズ・巻次 早稲田教育ブックレット  17
出版年月日 2017/03/31
ISBN 9784762027222
判型・ページ数 A5・116ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり

日本の学校英語教育では、教科書で扱う内容を深く理解し、思考し、その内容を使って言語活動を行うことがまだ一般化していない。

「内容と言語の統合」とは何かという理念の問題、学習者から教員によるこの統合の捉え方、学習者の動機づけへの影響、実際の教室での言語活動の進め方、評価の仕方など、課題や問題点を整理し、それぞれの立場や観点から、「内容と言語の統合」を考える。

CBI(内容重視教育)・CLIL(内容言語統合学習)・EMI(英語による専門科目の指導)の再定義や実際の取り組みや調査、課題等を収録。

はじめに 原田哲男・澤木泰代
言語能力から汎用能力へ:CLILによるコンピテンシーの育成 池田真

CBI/CLIL/EMIの再定義  半沢蛍子
都立高校におけるCLIL実践の効果と課題  福田恭久

大学で専門を学ぶための英語力:英語4技能入試導入との接点  澤木泰代

EMI(英語を媒介とした授業)と「英語」への学生・教員の意識 
―ELF(共通語としての英語)の視座より  村田久美子・小中原麻友

パネル・ディスカッション<抄>
「CBI・CLIL・EMIの課題」  原田哲男・澤木泰代

パネル・ディスカッション<全文>
[司会]原田哲男

SHOPPING ご注文

1,500円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

  • YONDEMILL

  • KNOWLEDGEWORKER