新刊

多文化間共修

多様な文化背景をもつ大学生の学び合いを支援する

著者 坂本 利子 編著
堀江 未来 編著
米澤 由香子 編著
ジャンル 教育学
出版年月日 2017/02/25
ISBN 9784762027086
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり

 大学の国際化・国際教育交流に携わる方々にかかせない1冊!

「文化的背景の異なる学生同士が学び合う」ということに教育的価値が強調されるようになり、各大学において多様な多文化間共修の取り組みがなされている。

多文化間共修の仕組みを構築する上での多様な側面、その理念・方法論・実践上の工夫や課題について検討。

オーストラリアの大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学等の実例も多数掲載。

<執筆者>

堀江未来、米澤由香子、Sophie Arkoudis、青木麻衣子、小河原義朗、末松和子、髙木ひとみ、坂本利子、西岡麻衣子、平井達也、秦喜美恵

第1章 多文化間共修とは:背景・理念・理論的枠組みの考察    
第1節 多文化間共修論の背景と意義    
1. 大学の国際化と多文化間共修
2. 多文化間共修論の背景
3. 多文化間共修の意義と目的:異文化間能力の育成

第2節 多文化間共修の方法論:異文化間能力育成の視点から  
1. 多文化間共修における「文化」の捉え方
2. 異文化間能力の段階的発達
3. 異文化間接触経験を学びにつなげる
4. 多文化間共修環境における言語使用

第3節 今後の課題と展望   

第2章 Finding Common Groundプロジェクト:
オーストラリアの大学における多文化間共修の理論枠組み構築   
 第1節 「Finding Common Ground」プロジェクトの背景:オーストラリアの大学国際教育環境   
1.オーストラリアにおける多文化主義移民政策と留学生政策
2. 多文化主義政策および留学生政策の大学教育環境への影響
 第2節 「Finding Common Ground」プロジェクト  
1. プロジェクト実施の背景
2.研究デザイン
3.研究結果

 第3節 課題と展望  

第3章 クラスにおける多文化環境をいかに保障するか:
北海道大学における「多文化交流科目」の開発と実践   
 第1節 「多文化交流科目」の定義と授業開講形態   
 第2節 開講授業の概要   
1. 「ことばと社会」
2.「札幌を『フィードワーク』する」
 第3節 課題と今後の展望   
1. 留学生数の確保
2. 留学生の日本語レベルの問題
3. 評価基準の確立と科目の継続性・連続性について
4. 多様性の確保とその捉え方

 第4章 学生間の意味ある異文化間交流を丁寧に「仕掛ける」
:東北大学における実践    
  第1節 東北大学における国際共修の位置づけ  
  第2節 PBL型国際共修授業   
  第3節 授業実践   
1. 異文化間コミュニケーションを通じて世界を知ろう
2. キャンパス国際化への貢献:留学生との共同プロジェクトを通じて国際性を身につけよう
  第4節 学生の学び  
  第5節 課題と課題  

第5章 学びを深める多文化間グループアプローチ:
名古屋大学の正課内外における実践

第1節 多文化間共修授業「留学生と日本―異文化を通じての日本理解」
1. 背 景/2. 目的・目標/3.開講学習・受講者/4.授業スケジュール/
授業内容と工夫/6. 評 価/7. 受講生の参画と成果/
8. 今後の授業展開に向けて

第2節 多文化間共修授業‟Exploration of Japan:From the Outside Looking Inside”
(「留学生と日本―異文化を通しての日本理解―」英語版)   
1. 英語による授業の「グラウンドルールづくり」/2.言葉を超えた部分での学び合いの促進/
今後の授業展開に向けて

第3節 多文化間共修プログラム「多文化間ディスカッショングループングループ」   
1. 背 景/2. 目 的/3.概 要/4. プログラム運営と工夫/
5. 多文化間ディスカッショングループの成果/6.今後の展開に向けて

第4節 おわりに    

第6章 異なる科目をつなぎ日英二言語で多文化間共修を実現する:立命館大学における実践  
 第1節 立命館大学における多様な多文化間共修の取り組み   
 第2節 本章が対象とする立命館大学の多文化間共修科目開講の背景 
 第3節 留学生科目「相互文化テーマ演習Seminar in Intercultural Collaborative Project」の概要  
1.「相互文化テーマ演習」の受講生概要
2. 「相互文化テーマ演習」の到着目標
3. 「相互文化テーマ演習」の授業内容と評価
4.「相互文化テーマ演習」の学び
5. 「相互文化テーマ演習」の今後の課題  
第4節 学部生対象「衣笠国際学生との異文化間交流」科目の概要   
1. 教育目標
2.「衣笠国際学生との異文化交流」科目の概要 
 第5節 課題と展望   

第7章 全ての新入生に多文化間共修を!
:立命館アジア太平洋大学の事例
 第1節 登録必修科目「新入生ワークショップⅡ」における多文化間共修
     1. 背 景/2. 目的・目標/3.開講学期・受講者/4. 授業形態と授業運営/
5. 授業の概要/6.事前事後アンケートの結果  
 第2節 APUにおけるピアリーダー活動を通しての多文化間共修   
     1.ピアリーダー活用の概要/2.WSⅡTAの実際/3.WSⅡTA育成における工夫  
 第3節 課題と展望   

SHOPPING ご注文

1,900円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • YONDEMILL

  • KNOWLEDGEWORKER