新刊

スモールビジネスの創造とマネジメント

著者 東洋大学経営力創成研究センター
ジャンル 経営学
出版年月日 2017/02/28
ISBN 9784762027116
判型・ページ数 A5・200ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり

経営実践学の視点から、「スモールビジネス・マネジメントの創造と国際的企業家育成の研究」をテーマに、国際的企業家、国際的企業家精神をもった企業家に率いられたスモールビジネス・マネジメントの経営実践原理を明らかにする。

<執筆者>柿崎洋一,松村洋平,小嶌正稔,小椋康宏,董晶輝,井上善海,幸田浩文,小野瀬拡,今井雅和

まえがき
研究概要
第1章 スモールビジネスの社会的責任 
1 はじめに
2 企業の社会的責任の認識進歩
3 中小企業におけるCSRの特質
4 中小企業の競争力としてのCSR
5 中小企業のCSRとイノベーション
6 おわりに

第2章 スモールビジネスの組織文化 
1 はじめに
2 解釈主義アプローチによる組織文化
3 個人レベルの理念浸透とマネジメント
4 状況や状態のマネジメントとしての組織同一化
5 スモールビジネスの組織文化マネジメント
6 おわりに

第3章 スモールビジネスと系列効果 
1 はじめに
2 規制緩和と系列変化の環境要因
3 業界間競争の進展と系列構造の変化
4 元売の再編と系列意識
5 まとめ

第4章 スモールビジネスにおける経営財務指標と資本コスト
1 はじめに
2 スモールビジネスにおける経営財務指標の意味
3 わが国中小企業の収益性比率の実態
4 総資産利益率の理論
5 自己資本利益率の理論
6 スモールビジネスにおける資本コストと企業価値
7 結び
 
第5章 スモールビジネスの投資評価
1 はじめに
2 伝統的投資基準
3 リアルオプション・モデルの投資基準
4 リアルオプション・モデルの特性
5 投資実行のタイミング

第6章 スモールビジネスのイノベーション
1 はじめに
2 クローズ・ド・イノベーションとオープン・イノベーション
3 中小企業に向くオープン・イノベーション
4 オープン・イノベーションの類型化
5 事例分析
6 おわりに

第7章 ファミリービジネス研究の史的展開―3つの主要テーマを中心して―
1 はじめに―「所有と経営の分離」神話
2 ファミリービジネスの成長プロセス
3 欧米のファミリービジネス研究の展開
4 日本のファミリービジネス研究の展開
5 ファミリービジネス研究の3つの主要テーマ
6 おわりに

第8章 企業家と地域の関係―ソーシャルキャピタルの観点から―
1 はじめに
2 地域における企業家活動
3 調査方法
4 考察
5 おわりに

第9章 企業者行動による「衰退」産業の再生―台湾自転車・部品メーカーの挑戦―
1 はじめに
2 本研究の位置づけとアウトライン
3 主要プレーヤーのプロフィール
4 新たな論点の提示
5 おわりに

資 料 

SHOPPING ご注文

2,600円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • YONDEMILL

  • KNOWLEDGEWORKER