新刊

子どもの放課後にかかわる人のQ&A50 

子どもの力になるプレイワーク実践(遊ぶ・暮らす)

著者 プレイワーク研究会
ジャンル 教育学
社会福祉
出版年月日 2017/03/10
ISBN 9784762026812
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり

武田信子 嶋村仁志 天野秀昭 幾島博子 関戸博樹 宮里和則 瀬川未佳 著

 

子どもとの、保護者との、同僚とのかかわりや環境づくりのなかでの「困ったこと」50問!

学童保育、児童館、冒険遊び場等、放課後に子どもにかかわる人むけのテキストです。

こんなとき、どうしたらいいの? どう考えたらいいの? 
日常でつまずくさまざまなシーンの、リアルな「困った! 」に、学童保育、児童館、冒険遊び場等で長年活躍してきたベテランスタッフたちがこたえます。

明日からの実践に、かならず役に立つ一冊です!!

― 推薦します― 
子どもに寄り添うって、どうかかわること? かかわりあう遊びの時空間で、何が育っているの?
考えさせてくれるアンサー・経験知が満載です。
長年、子どもの遊びと暮らしに寄り添い、地域の中で心地よい関係を紡ぐ実践を重ねてきたプレイワーカーと研究者たちが、現場での戸惑い・悩みに示唆を与えてくれる必読の書です。
元全国学童保育連絡協議会副会長 下浦 忠治

プレイワークのすすめ―子どもの遊びにかかわるすべての人へ
この本の使い方

子どもの放課後にかかわる人のQ&A50

子どもとのかかわり
Q1 物を使っても片づけません。
Q2 ぬいぐるみを学童保育クラブに持ってくる子がいます。
Q3 物を大切にしない子が多いです。
Q4 木の枝、実、花を校庭から取ってきてしまう子がいます。
Q5 どうしたら、もっと聞きわけのいい子になるでしょうか。
Q6 礼儀を身につけさせるためには、どう指導したらいいでしょう。
Q7 子どもがさまざまなことに飽きっぽいのが気になります。
Q8 戦いごっこの加減がわからず力一杯やってしまう子がいます。
Q9 子どもたちについ強い態度で接してしまうことがあります。
Q10 「ちょっと待ってて」と子どもに言ってばかりになっています。
Q11 棒を作っては人をたたく子がいて困っています。
Q12 ケンカにどう対応していいかわかりません。
Q13 他の子と交ざらない子への働きかけに悩んでいます。
Q14 いつも言い訳が先に出る子がいて、気にかかります。
Q15 仲間はずれやいじめにどう対応すればいいかわかりません
Q16 その子の気に入っているおもちゃを隠していじめる子がいます。
Q17 自慢したり、嘘をついたりする子がいて、いったいどうしようかと思います。
Q18 子どもから暴言を吐かれます。どうしたらよいのでしょうか。
Q19 子どもからおんぶや肩車、だっこを求められることがあります。
Q20 エロいマンガを持ってくる子がいて、困っています。
Q21 配慮が必要な子へ意地悪する子がいて、困っています。
Q22 落ち着きなく動き回る子どもを落ち着かせることはできますか。
Q23 鬼ごっこでオニになると抜ける子がいます。
Q24 帰る時間がバラバラで、集団遊びができません。
Q25 遊びよりもスポーツをさせて子どもを育てたいです。

コラム● 私が初心者だったころ
コラム● 大人には見えない

保護者とのかかわり
Q26 ケガに保護者からのクレームが入るので、子どもに好きなことをさせられません。
Q27 いろいろずれを感じる保護者とのつきあい方に悩んでいます。
Q28 服を汚すと、子どもが叱られます。どうしたらいいでしょうか。
Q29 サービスの提供者として求められてしまい、子どものための実践ができません。
Q30 「とにかく宿題をさせてください! 」という親に、どう対応したらよいのでしょうか。
Q31 外国人の保護者とのコミュニケーションの取り方がわかりません。
Q32 家庭状況にどこまで入ってよいのか、悩んでいます。

コラム● 子どもの可能性を殺していた犯人
コラム● 私を変えた子どもたち

スタッフ同士のかかわり
Q33 特定の児童とだけ遊ぶスタッフがいます。
Q34 スタッフ同士で固まって話しているのが、気になります。
Q35 手出し口出ししすぎに思えるスタッフがいますが、評価が高いのです。どう話したらいいのでしょうか。
Q36 保護者に別の子どもの悪口を言ってしまうスタッフがいます。
Q37 子どもの輪に入りすぎたり距離を置きすぎたり、かかわり方が難しいです。
Q38 子どもの体力についていけません。どうしたらよいでしょうか。
Q39 遊びの中でどこまで許すかが、スタッフにより違います。
Q40 自分の実践をどう振り返ったらよいかわかりません。

コラム● 私の子ども観を変えた、あのできごと
コラム● 私を変えた「困った子」

環境づくり
Q41 外で遊ぶ庭もなく、室内で遊ぶ場所も限られています。
Q42 危険をともなう遊びをどう制限したらいいですか。
Q43 スタッフが少なすぎて、子どもをみきれません。
Q44 スタッフが多すぎて、大人の目が行き届きすぎてしまいます。
Q45 どうしたら子どもがルールを守るようになるのでしょうか。
Q46 地面にどこでも構わず穴を掘りたがるので、困っています。
Q47 危険を判断する基準がわかりません。
Q48 事務室に入ってくる子がいて困っています。
Q49 近所の人から怒鳴られました。対処法はあるのでしょうか。
Q50 学校とのコミュニケーションがありませんが、それでいいのか悩みます。

コラム● 周りの大人の大切さ

「現代の課題」 ×「子どもの過ごす場」
1 いじめに対して、子どもの過ごす場でできること。
2 子どもの貧困に対して、子どもの過ごす場でできること。
3 ケガへの不安に対して、子どもの過ごす場でできること。
4 スタッフが流動的なことに対して、スタッフ同士でできること。
5 遊びの価値の軽視に対して、大人たちができること。

SHOPPING ご注文

1,600円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

  • YONDEMILL

  • KNOWLEDGEWORKER