試し読み
新刊

科研費採択に向けた効果的なアプローチ

著者 塩満典子
北川慶子
ジャンル 教育学
人文・社会科学他
出版年月日 2016/09/02
ISBN 9784762026683
判型・ページ数 B5・146ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり

科研費採択率の高い申請書を作成・支援してきた著者が、自然科学系、人文・社会科学系、それぞれの視点から、採択のための重要ポイントを解説。具体的な研究計画調書で採択される書き方を知り、不採択の原因分析で改善点が理解できる画期的な内容。採択率の機関別統計も紹介。

<塩満典子>
奈良先端科学技術大学院大学、お茶の水女子大学、宇宙航空研究開発機構
(JAXA)など、多くの大学等で資金獲得支援の成功を重ねる。
科学技術振興機構(JST)で若手や女性研究者の支援、プロジェクト・マネジメントを推進。
現在、理化学研究所仁科加速器研究推進室長。
主書:「研究資金獲得法」(共著,丸善,2008)

<北川慶子>
東洋大学大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会福祉学)
佐賀大学を経て、現在、聖徳大学教授。佐賀大学名誉教授。
専攻は社会福祉学。
佐賀大学科研費(代表)ランキング第1位(2016)

第1章 科研費採択のための基本と重要ポイント
第1 節 高度な専門性・先進性が感じられる伝え方
1.的確なタイトル表現  
2.先進的で高度な専門性を有する研究内容  
3.審査委員構成を意識した伝え方  
第2 節 申請書作成のプロセスチェック
1.はじめに  
2.申請書作成の一般的プロセス  
3.計画から実行のPDCA サイクル  
4.自分のポジショニングと種目選択  
Column FAQ 1
第3 節 重要性が伝わる書き方のポイント
1.最初のつかみを大切に  
2.自分のポジショニングと評点分布をイメージする  
3.比較優位性を印象づける  
4.研究倫理とコンプライアンス遵守  
5.チャレンジ精神と十分な準備確保  
Column 「超低速ミュオン顕微鏡が拓く物質・生命・素粒子科学のフロンティア(新学術領域)」の申請と採択  

第2章 制度から見た科研費採択のポイント
第1 節 科学研究費補助金制度
1.制度の概要  
2.予算額の推移  
3.応募・採択の状況  
4.研究種目の目的と資金規模  
5.公募から内定までの流れ  
6.評定基準  
第2 節 評定要素・評点と科研費採択のポイント
Column 科研費申請のアドバイスを受けて得られたもの  

第3章 科研費(人文・社会科学系)取得における申請書作成のポイント
第1 節 基盤B/海外学術調査採択事例による「研究課題」の包括的表現方法
1.「研究課題」の決め方  
第2 節 「研究目的(概要)」の簡潔な書き方
第3 節 「本研究の学術的背景等」の具体的・明確な書き方
第4 節 「研究計画・方法」の具体的・明確な書き方
第5 節 「準備状況・発信方法」の具体的・明確な書き方
第6 節 「重複応募,研究内容の相違点」の書き方
第7 節 「研究業績」の書き方
第8 節 「これまでに受けた研究費とその成果等」の書き方
第9 節 「人権の保護及び法令等の遵守への対応」の書き方
第10 節 「研究経費の妥当性・必要性」の書き方
第11 節 「研究費の応募・受入等の状況・エフォート」の書き方

第4章 不採択申請書の実例分析から採択への道へ
第1 節 研究種目と応募分野の選び方
第2 節 大切な審査結果の通知分析
第3 節 事例研究(挑戦的萌芽研究と基盤研究C)
1.採択申請書(「挑戦的萌芽研究」)の分析  
2.不採択申請書の分析と採択の為の徹底研究  
3.不採択事例から挑戦的萌芽研究の研究目的・研究計画の書き方を考える  4.不採択通知評価B の分析  
Column FAQ 2  Column FAQ 3  

第5章 異分野融合型研究による研究資金を獲得するための基本的考え方
第1 節 人文・社会科学系から自然科学系への接近における基本的考え方
1.制度の発展  
2.異分野融合型研究の特徴 
3.進捗評価と継続 
第2 節 課題解決に向けた異分野業績への強い関心と最適なパートナー発見
第3 節 「異分野融合研究」申請書作成のポイント
1.採択申請書からみた課題の設定方法  
2.「異分野融合を図る研究分野」の設定方法  
第4 節 研究構想から「研究計画」の書き方の手順
1.研究計画作成前のポイント  
2.研究計画を書くポイント 
 

SHOPPING ご注文

2,800円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • YONDEMILL

  • KNOWLEDGEWORKER