試し読み

総合人間学  1

人間はどこにいくのか

著者 総合人間学会
ジャンル 教育学
人文・社会科学他
学会誌 > 総合人間学会
シリーズ・巻次 総合人間学  1
出版年月日 2007/05/25
ISBN 9784762016981
判型・ページ数 A5・263ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり

2006年5月27日発足の総合人間学会・学会誌第1号。
「人間とは何か」―この問いに応えるべく、自然科学・社会科学・人文科学の各領域を横断する各分野の碩学が結集。個々の学問の枠組みから離れ、新たなる学問領域「総合人間学」として挑戦。専門分化がすすむ今日の学界状況において「開かれた学」への扉を開く新たな試み。

特集1 知の頽廃と再生―人間はどこにいくのか
 総合人間学への誘い(覚え書きおよび講演記録)…加藤周一
 現代における知の頽廃と再生…小林直樹
 科学・技術文明をどう生きるのか…池内 了
 新千年紀―人間像の大変革の時代…坂本百大
 義務教育は手段か目的かー義務教育の行方を問う…柴田義松

特集2 統合人間学がめざすもの
 試(私)論―総合人間学のめざすもの…小原秀雄 
 人間の現代的な理解―人間は宇宙のどんな存在か…小尾信彌
 生物学の立場…長野 敬
 人間追求の虚構の方法〈変身〉…西郷竹彦
 近代哲学の権利概念批判…佐藤節子
 人間観の革新と21世紀の課題解決へ向けて…尾関周二
 総合人間学会の課題と方法論…半谷高久

講演記録
 客観・主観と総合人間学(2006年学会設立記念講演から)…小柴昌俊
 精神医学から見た正常と異常(2005年初夏シンポジウム)…木村 敏
 近代人の形成と解体(2006年学会設立記念関西講演)…水田 洋

エッセイ 現代と人間の問題
 ホモ・サピエンスの稜線を越えて…江原昭善
 サルらしさとヒトらしさ…木村光伸
 総合人間学はニーチェからの挑戦に応えうるか?…清 眞人
 魂の復権をめざして―旧い友へ…木下康光
 「旅する人間」の文明学…吉澤五郎
 イメージ三題―この秋パリで考えたこと…堀尾輝久
 情報の海という人工世界の中で…松永澄夫
 社会権[法]的人間観の再興を!…竹内章郎
 医療の場から見た人間の生命…齋藤寿一
 「総合人間学」の新たな“研究課題”
  ―「動物」レベルの生理機能に“発達不全”が発生…正木健雄
 高校生は他者の生き方をどうみたか…岩田好宏
 環境危機と人間の自己理解の再検討…三浦永光

SHOPPING ご注文

2,800円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

  • YONDEMILL

  • KNOWLEDGEWORKER