試し読み

総合人間学  7

3・11を総合人間学から考える

著者 総合人間学会
ジャンル 人文・社会科学他
学会誌 > 総合人間学会
シリーズ・巻次 総合人間学  7
出版年月日 2013/06/06
ISBN 9784762023811
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり

2011年3月11日の東日本大震災から2年が経過した。
哲学、社会学、教育学、心理学、医学、法学、霊長類学・・・
多様な学問分野の識者たちは、3.11以後の世界をどうとらえるのか。
科学技術と自然観を主テーマに、3.11以後の人・文明・自然観を探究する総合人間学の試み。

序文 長谷場健(アルコール医学、法医学)

Ⅰ 3・11以後の科学技術と自然観
3・11以後の科学技術と人間  野家啓一(哲学)
科学技術と〈農〉
 ――東日本大震災を経て  山村(関)陽子(環境共生学)
構造災の社会学
 ――「事務局問題」と責任帰属  松本三和夫(科学社会学)
地震・原発・天・鯰
 ――責任とアニミズム的思考  太田明(教育学)
東日本大震災と宮沢賢治
 ――〈順違二面〉の自然観・人間観  西郷竹彦(文芸学)

Ⅱ 3・11以後の思いとつながり
3・11のあと―福島から広島へ 
 ――求められる地球時代感覚 堀尾輝久(教育学)
3・11後の直接的、間接的被災者カウンセリング経験
 ――時系列的に変わっていく「必要」の求めに応じて  
 横湯園子(臨床心理学)
手の発達のもうひとつの方向
 ――文明の転換のために  平山満紀(社会学、身体論)

Ⅲ 3・11以後の文明の転換
3・11以後の「新たな出発」の意味
 ――食・農・共生を軸に新たな社会・文明を展望して  尾関周二(哲学)
「ポストフクシマ」、そしてポスト日本?
 ――知性の悲観主義、意志の楽観主義(アントニオ・グラムシ)
 シュテッフィ・リヒター(日本学)
人間らしさの生態的基礎
 ――自己家畜化論の再検討のために  木村光伸(霊長類学)

Ⅳ 3・11以後、いま総合人間学を問う
学問としての「総合人間学」の課題
 ――その切り札について  上柿崇英(環境思想)
総合人間学の課題と方法
 ――小林直樹氏の著作を通して考える  三浦永光(哲学)

SHOPPING ご注文

1,900円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

  • YONDEMILL

  • 教科書見本

  • KNOWLEDGEWORKER