試し読み

シリーズ 総合人間学  3

現代の教育危機と総合人間学

著者 柴田義松
ジャンル 経営学
人文・社会科学他
学会誌 > 総合人間学会
シリーズ・巻次 シリーズ 総合人間学  3
出版年月日 2006/11/01
ISBN 9784762016080
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり

日本の子どもが直面している危機の現状、根底にある「心」、「競争」といった問題、そして克服の基本となる「子どもの権利保障」問題等をとりあげ、克服の実践的試みのいくつかを紹介する。

序章 子どもと教育の危機から人間を問い直す・・柴田義松

第1部 現代の人間と教育危機――どのようにとらえるか

第1章 子どものからだと心の変化から人間の危機を考える・・正木健雄
第2章 思春期の危機と成長の可能性・・西田隆男
第3章 子どもの攻撃性と対応を考える――教育臨床の場から・・横湯園子

  第2部 現代日本の教育の根本問題

第4章 子育てから人間の心の危機を考える・・大田尭
第5章 心と人間性の基礎としての“自然さ”
     ――現代の若者の「心の闇」にふれて・・尾関周二
第6章 人間と競争――とくに教育問題として・・小林直樹
第7章 子どもの権利への教育学的アプローチ・・堀尾輝久

  第3部 教育の危機克服の実践的試み

第8章 文芸創造と教育における「共生」――芭蕉連句を例として・・西郷竹彦
第9章 感性の教育・・北原眞一
第10章 障害児教育の現状と将来展望・・牟田悦子
第11章 人間学に基礎をおく学習指導計画試案
     ――これからの高校教育のあり方を求めて・・岩田好宏

終 章 現代の教育危機と総合人間学の課題・・柴田義松

資料1 総合人間学研究会活動のあと
資料2 人間学と人間科学の現状・・佐竹幸一

SHOPPING ご注文

2,000円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

  • YONDEMILL

  • KNOWLEDGEWORKER