福祉社会学研究  

福祉社会学研究 13

著者 福祉社会学研究編集委員会 編集
ジャンル 社会福祉
学会誌 > 福祉社会学会
シリーズ・巻次 福祉社会学研究  
出版年月日 2016/05/31
ISBN 9784762026539
判型・ページ数 A5・202ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり

【特集論文】規範的探究の学びとしての福祉社会学の可能性
平野寛弥 特集「規範的探求の学としての福祉社会学の可能性」に寄せて
盛山和夫 コモンズ型の社会福祉論を――イデオロギー対立を超えて
米澤 旦 サードセクター研究の「第三ステージ」――サードセクター組織と規範性をめぐって
亀山俊朗 福祉と規範――市場とコミュニティを再考する


【自由論文】
深田耕一郎 ケアと貨幣 ―障害者自立生活運動における介護労働の意味
伊藤綾香 障害者運動における障害者と健常者の連帯的活動の展開
―1970年代の「わっぱの会」の活動を事例に
丸岡稔典 世田谷における障害者運動の生成と展開
―地域像の構想に焦点を当てて
岡村逸郎 犯罪被害者支援に携わる精神科医の2つの「専門性」
―精神的被害の管轄権とケアの非対称性に注目して

【特集論文】規範的探究の学びとしての福祉社会学の可能性

平野寛弥 特集「規範的探求の学としての福祉社会学の可能性」に寄せて

盛山和夫 コモンズ型の社会福祉論を――イデオロギー対立を超えて

米澤 旦 サードセクター研究の「第三ステージ」

――サードセクター組織と規範性をめぐって

亀山俊朗 福祉と規範――市場とコミュニティを再考する





【自由論文】

深田耕一郎 ケアと貨幣 ―障害者自立生活運動における介護労働の意味

伊藤綾香 障害者運動における障害者と健常者の連帯的活動の展開

―1970年代の「わっぱの会」の活動を事例に

丸岡稔典 世田谷における障害者運動の生成と展開

―地域像の構想に焦点を当てて

岡村逸郎 犯罪被害者支援に携わる精神科医の2つの「専門性」

―精神的被害の管轄権とケアの非対称性に注目して



【書評】

(安達正嗣)中田雅美 『高齢者の「住まいとケア」からみた地域包括ケアシステム』

(蘭由岐子)北村健太郎 『日本の血友病者の歴史―他者歓待・社会参加・抗議運動』

(後藤広史)白波瀬達也『宗教の社会貢献を問い直す―ホームレスの支援の現場から』

(稲葉昭英) 下夷美幸『養育費政策の源流――家庭裁判所における履行確保制度の制定過程』

(石橋潔)齋藤曉子『ホームヘルプサービスのリアリティ――高齢者とヘルパーそれぞれの視点から』

(菊地英明)副田義也『生活保護制度の社会史[増補版]』

(下平好博)上村泰裕『福祉のアジア―国際比較から政策構想へ』

(大和礼子)森川美絵『介護はいかにして「労働」となったのか――制度としての承認と評価のメカニズム』

SHOPPING ご注文

2,100円+税

ネット書店で購入

SHARE シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

  • YONDEMILL

  • 教科書見本

  • 目録画像

  • KNOWLEDGEWORKER